花嫁と花婿

費用をかけずに感動結婚式|大金がいらない結婚式場選びを

挙式並びに披露宴

花嫁

様変わりする流行

挙式並びに披露宴、いわゆる結婚式は、時代と共に様々な形式が流行して来ました。たとえば一番費用を掛けて行なわれていたのがいわゆるバブル時代であり、この頃には派手婚と呼ばれる形式の結婚式が多く行なわれていました。また、そのバブルが弾けた後には、時代を反映した地味婚と呼ばれる結婚式が、最近に至るまで長らく流行し続けました。最近は家族婚やプチ結婚式などと呼ばれる、より少人数を招待して行なう結婚式が流行しています。これは親族や親友など、親しい間柄だけを招待して行なう物であり、費用の節約に繋がりながらも、結婚式を行なわないという選択肢を避けたいカップルや家の都合などで選ばれるケースが多くなっています。この流行は、しばらく続いていくことが予想されています。

意外と安価なリゾート婚

また少人数結婚式という選択肢においては、家族婚やプチ結婚式という選択肢と合わせて、リゾート婚を選択するカップルも数を増やしています。リゾート婚などと言うと、数十人単位のゲストを招待する一般的な挙式並びに披露宴と比較して、より費用が掛かってしまうと思いがちです。しかし、大人数を招待して行なう結婚式と比較した場合、より安価な出費で行なうことができるケースが珍しくはないのが、リゾート婚の特徴になっています。これは、一般的な結婚式の場合、ゲストからご祝儀を受け取って費用の補填ができる一方で、リゾート婚ではゲストに渡航費や宿泊費を負担してもらう代わりに、ご祝儀を受け取らないのが一般的であることが関係しています。結果として最終的な負担は同額程度になるものの、用意しなければいけない費用はリゾート婚の方が少額で済むのです。